ヘアカタログ 医療用帽子 帽子用ウィッグ ホーム

ウィッグのメンテナンスの方法

ウィッグのメンテナンス方法

ご自身でできるメンテナンス方法教えます

ウィッグのメンテナンス方法

ご自宅で簡単にメンテナンスができます

ウィッグの髪の毛は摩擦により縮れが生じることがあります。ストレートアイロンがあればご自身でも簡単にご自宅でメンテナンスができます。アバンダの医療用ウィッグの毛髪は耐熱毛なのでサラサラに仕上げることができます。
但し、メーカーにより大変熱に弱い毛髪を使用していますので十分な注意が必要です。
当社商品に限り、以下の手順で行ってください。

ご自身ではちょっと難しいと思われる方はアバンダまで送って頂ければきれいにメンテナンスをして返送いたします(有料)

ご自宅でのウィッグのメンテナンス手順

  1. ウィッグのメンテナンスの手順1

    まず、このようにセット台に固定して頂くとスムーズにできます。このように固定できない場合はウィッグスタンドに掛けてどなたかにウィッグを抑えてもらうとよりやり易くなります。

  2. ウィッグのメンテナンスの手順2

    絡まった髪を毛先の方からほぐすようにウィッグ専用ブラシで梳かしてください。ブラッシングはしっかり何度も行ってください。

  3. ウィッグのメンテナンスの手順3

    この様に何度も丁寧にブラッシングしておくとアイロンがスムーズに行えます。

  4. ウィッグのメンテナンスの手順4

    薄くスライスして必要な毛束を取ったらしっかりと水スプレーで濡らします。水が滴り落ちるまで濡らしてください。

  5. ウィッグのメンテナンスの手順5

    しっかりと濡らした髪を何度もコームでコーミングします。水が足りない場合はさらに追加してください。

  6. ウィッグのメンテナンスの手順6

    ストレートアイロンの温度は140度~150度位に設定します。しっかりと毛束を挟んでテンションを掛けて上から下にスーッと伸ばします。ジュッという音がしますのでこのとき火傷には気を付けてください。

  7. ウィッグのメンテナンスの手順7

    一度のアイロンで殆ど真っすぐになりますが、髪の毛の伸び方が不十分な場合は何度か繰り返してください。その都度、水スプレーを追加してください。

  8. ウィッグのメンテナンスの手順8

    十分きれいに伸びたら残りの髪の毛も同様に行ってください。

  9. ウィッグのメンテナンスの手順9

    このように下から行って1列終わったら薄くスライスして上の段へと進んでください。

ウィッグご使用後のブラッシングのコツを教えます ウィッグを外したら何もしないでウィッスタンドに掛けるのではなく、
何度も何度もブラッシングをしてください ブラッシング

ウィッグを平らな場所に置いてブラシで机やテーブルを傷つけないように新聞やチラシなど厚めの紙を敷いて行ってください。
ウィッグをきれいに大切に使っている方はご自身でメンテナンスやブラッシングをしっかりやっています。
耐久性はお手入れのやり方で変わってきますので、せめてブラッシングだけでもしっかりやってみてください。

お気軽にお電話ください お気軽にお電話ください