ヘアカタログ 医療用帽子 帽子用ウィッグ ホーム

抗がん剤の副作用について

抗がん剤の副作用について

治療前の準備にあたって

抗がん剤の副作用について

抗がん剤には個人差はありますがそれぞれに副作用があります。
しかし、ある程度副作用の傾向も決まっているので対処の仕方や予防方法もずいぶん進歩しています。
副作用は抗がん剤の効果と比例するものではなく、副作用が強いから効果も高いというわけではありません。
最近では様々な副作用に対する薬や投与方法のの工夫により副作用の辛さも軽減されつつあります。
不安に感じることは医師や看護師に相談しましょう。

副作用との付き合い方

副作用の一つとして起こる脱毛は身体的な問題であると同時に精神的な負担となります。
外見が変わってしまうので非常にストレスが大きいのが脱毛です。
日常生活でできる工夫として脱毛前に髪を短くしておくと良いでしょう。
髪の毛が長く多いと抜け落ちる髪の毛でショックも大きくなります。
シャンプーの前には手櫛で髪の毛を十分に落として刺激の少ないシャンプー剤を使用しましょう。 パーマや毛染めは避けた方がよいです。
脱毛が起こる前にほとんどの方は医療用ウィッグを用意します。
医療向けのウィッグはおしゃれ用のかつらと大きく違うわけではありませんので、ご自分に似合ったいつもと変わりなく見えるものを選ぶと良いでしょう。
脱毛が起こっている期間中はお好きな医療用帽子やバンダナなども揃えておく必要もあります。 頭皮に優しいオーガニックコットン製のおしゃれな医療向けの帽子も多く販売されています。
脱毛の起こる抗がん剤の場合は治療開始から2週間ほどで徐々に始まり、治療数か月で生えてくるのが一般的です。 ただし、全体に生えそろうまでは何か月かかかります。
期間中は医療用ウィッグや帽子などでご自分の生活に合わせてアレンジを楽しむことも大切です。
医療用ウィッグは高い物がいいとは限りません。
慌てずしっかりとリサーチして検討することをお勧めします。

お気軽にお電話ください お気軽にお電話ください