ヘアカタログ 医療用帽子 帽子用ウィッグ ホーム

医療用ウィッグの助成金について③

2017.4.7

この度、群馬県議会で案が出されようやく一歩前進したというところまで来ました。

(議会の内容はインターネットでどなたでも見ることができますので参考にしてください)

 

がん患者に対してかつらの費用の一部を負担する提案。

がん患者の外見ケア支援について。(健康福祉)

 

近年は仕事をしながらがん治療をされるかたの増加により、外見ケア支援を行う必要がある。

今後は当面の間、全国かん診療連携拠点の病院に設置してある群馬県内のがん支援センターの

対応力強化に努める。

内容としては、国立がん研究センターが主催するに外見ケア専門従事者を招いて、相談員対する

講演会の実施を行う。また、国立がん研究センターの研修会に相談員を派遣するなど、

対応力向上を計画的に進めながら外見の変化に悩む患者の支援をしていく。

 

3月の群馬県議会では上記の内容で進んでいく様子です。

 

がん支援センターの相談員の方や、治療の流れなどを説明する看護師さんにも

対応力強化と医療用ウィッグについても患者様の前向きな治療に是非、相談をお願いしたいと思います。

 

ウィッグの代金をお支払い頂くときによく聞かれます。

『控除になればいいのにならないのですか?』

『こういうのって補助してもらえないのですか?』

 

こういった声をもっと県や市に対して聞こえて行くように(聞いて頂けるように)私たちも努力します。

 

医療用ウィッグの助成金について

医療用ウィッグの助成金について②

 

 

ウィッグ専門店 アバンダ

 

群馬県高崎市飯塚町147-4

第2ニトビル 2F

 

フリーダイヤル 0120-32-8006

 

 

 

お気軽にお電話ください お気軽にお電話ください